自宅で参加できる読書会
NO. 00000764 DATE 2019 07 18

浮生六記 の読書会ページ

浮生六記(9784003202418)

楽天へのリンク

浮生六記

著者:沈復/松枝茂夫

出版社:岩波書店 (1981年10月)

ISBN-10:4003202414

ISBN-13:9784003202418

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.33の気になるフレーズ

(前略)べつに杜甫が李白におとるというのではございません。ただ私の一人ぎめの心で計って、杜甫をお手本とする心の浅いのに対して、李白を愛する心が深いというまでですわ」

総コメント数:1 投稿日時:2019-05-15 20:31:00

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

利発でしとやかな妻

主人公の妻「芸(ウン)」の言葉です。こんな風に明快に、美しく自分の考えを表現できるのが素敵だなと思いました。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-05-15 20:31:00