自宅で参加できる読書会
NO. 00009616 DATE 2022 12 01

形象と時間 : 美的時間論序説 の読書会ページ

形象と時間 : 美的時間論序説(9784061593183)

形象と時間 : 美的時間論序説

著者:谷川渥/著

出版社:講談社 (1998-02)

ISBN-10:4061593188

ISBN-13:9784061593183

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.35の気になるフレーズ

彼はさらにトルストイの『クロイツェル·ソナタ』の主人公の「一見奇矯と思はれる近代音楽に対する毒舌」が、「非常に鋭くて正しい作者の感受性」に裏付けられている、と筆を進める。音楽会で『クロイツェル·ソナタ』が演奏されるのを聞いた聴衆は、「わけの解らぬ行為を挑発するわけの解らぬ力」を受けながら、しかも行為を禁止されて椅子に釘づけになっている。行為をもって表現されないエネルギーは、彼らの頭脳を芸術鑑賞という美名のもとに、あらゆる空虚な妄想で満たすというのである。

総コメント数:1 投稿日時:2019-07-28 10:43:54

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

『クロイツェル·ソナタ』

こうやって、どんどん読みたい本が増えていくんですよね。私は小林秀雄がいうところの「美の近代的鑑賞」に結構な時間を割いている方ですが、でもこんな見方も面白いし、言っていることも分かります。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-07-28 10:43:54