自宅で参加できる読書会
NO. 00008205 DATE 2022 07 05

形象と時間 : 美的時間論序説 の読書会ページ

形象と時間 : 美的時間論序説(9784061593183)

形象と時間 : 美的時間論序説

著者:谷川渥/著

出版社:講談社 (1998-02)

ISBN-10:4061593188

ISBN-13:9784061593183

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.71の気になるフレーズ

いや、むしろ、「芸術は、われわれがこれを人工であると知りながら、にもかかわらずわれわれに自然であるかのように見える場合にのみ美と称せられる」(『判断力批判』四五節)

総コメント数:1 投稿日時:2019-08-04 19:18:57

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

「自然」という言葉

「美」とは。なかなか難しい問いですが、「自然」という言葉の意味を、「調和」とかにまで拡げて解釈してみると、このフレーズも答えの一つなんだろうなと思いました。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-08-04 19:18:57