自宅で参加できる読書会
NO. 00000922 DATE 2020 12 05

デイヴィッド・コパフィールド 4 の読書会ページ

デイヴィッド・コパフィールド 4(9784102030134)

楽天へのリンク

デイヴィッド・コパフィールド 4

著者:チャールズ・ディケンズ

出版社:新潮社 (2006年09月)

ISBN-10:4102030131

ISBN-13:9784102030134

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.369の気になるフレーズ

「それで、ミコーバーは、その奥地でも近所にいたの?」
「むろん、そうでがすとも。それでね、奴さん、いや、なんともよく働きましただねえ。あれほど働いた人間ちゅうなあ、わしも見たことがねえだよ! デイヴィ坊っちゃん、ほら、あの禿頭をね、かんかん日に照りつけられながら、汗みずくになって働いていましただがね、わしゃまた、溶けちまやしねえかと心配したくれえでがすよ。それで、今は保安官になりましてね」

総コメント数:1 投稿日時:2020-11-21 08:02:57

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

保安官!

ミコーバーはどんな働き方をして、最終的に保安官になったんでしょう。
ちょっと気になりますが、幸せになっているなら何よりです。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-11-21 08:02:57