自宅で参加できる読書会
NO. 00006162 DATE 2019 04 23

ボヴァリー夫人 の読書会ページ

ボヴァリー夫人(9784102085011)

ボヴァリー夫人

著者:Flaubert,Gustave/著 生島遼一/翻訳 芳川泰久/翻訳 フローベール/著

出版社:新潮社 (1965-12)

ISBN-10:4102085017

ISBN-13:9784102085011

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.26の気になるフレーズ

こんなにあの娘に会うなと禁じられるのは、愛する権利をあたえられたようなものだ、一種の無意識の偽善からそんなことを考える。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-04 05:29:07

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

シャルルはルオー嬢に恋愛感情を持っていたのか

正直、シャルルはまだルオー嬢に恋愛感情を持っていなかったのではないでしょうか。
でも、嫉妬深いボヴァリー夫人に何度も言われていくうちに、
自分はルオー嬢に恋愛感情をもっている、もたなければならないと
思ってしまったのかもしれません。

投稿者:goodbook 投稿日時:2018-12-04 05:29:07