自宅で参加できる読書会
NO. 00006161 DATE 2019 04 23

ボヴァリー夫人 の読書会ページ

ボヴァリー夫人(9784102085011)

ボヴァリー夫人

著者:Flaubert,Gustave/著 生島遼一/翻訳 芳川泰久/翻訳 フローベール/著

出版社:新潮社 (1965-12)

ISBN-10:4102085017

ISBN-13:9784102085011

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.29の気になるフレーズ

それにベルトーへはもう遠慮なしに行くことができた。彼ははっきりあてのない希望、ばくぜんとした幸福を感じていた。鏡の前で頰ひげにブラシをかけるとちょっと男ぶりがよくなったような気がした。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-05 05:54:25

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

解放されたシャルル

束縛の強い妻に先立たれ、悲しみにくれていたのもつかの間、
解放されて自由を満喫している感じがよく出ています。

投稿者:goodbook 投稿日時:2018-12-05 05:54:25