自宅で参加できる読書会
NO. 00005035 DATE 2019 02 18

ボヴァリー夫人 の読書会ページ

ボヴァリー夫人(9784102085011)

ボヴァリー夫人

著者:Flaubert,Gustave/著 生島遼一/翻訳 芳川泰久/翻訳 フローベール/著

出版社:新潮社 (1965-12)

ISBN-10:4102085017

ISBN-13:9784102085011

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.243の気になるフレーズ

近所に小さな農園をかりて毎朝往診の途中に自分で監督することを考えた。(中略)まあ、患者もふえるだろう。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-19 05:32:55

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

医者の仕事を続けるシャルル

イポリットの手術に失敗したシャルル。
このまま、医者として働くのは難しいのかなと考えていましたが、
別に何事もなかったように、往診を続けているのですね。
自分だったら、シャルルに診てもらうのをためらいそうですが、
まあ、この村に医者が一人であれば、
背に腹は代えられないと言ったところでしょうか。

投稿者:goodbook 投稿日時:2018-12-19 05:32:55