自宅で参加できる読書会
NO. 00004802 DATE 2019 08 22

自負と偏見 の読書会ページ

自負と偏見(9784102131039)

自負と偏見

著者:Austen,Jane/著 中野好夫/翻訳 DalglishJack/著 オースティンJ./著

出版社:新潮社 (1997-07)

ISBN-10:4102131035

ISBN-13:9784102131039

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.112の気になるフレーズ

いまではりっぱな家もでき、収入もたっぷり入るので、こんどは結婚のことを考えだした。こんどロンボーンへ和解を申し入れたについても、狙いはもちろん結婚にあった。もし世評通りの美人で、かわいい娘たちだったら、さっそくその一人を、妻に選ぼうという魂胆だった。限定相続に対して、その補償――あるいは罪亡ぼし――をしたいなどと言いだしたのも、わけはといえば、それだった。しかも当人としては、大得意だった。釣合いからいっても満点であり、また彼のほうからいえば、無私無欲、まことに高潔な処置であるはずだ、というのである。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-12 08:02:09

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

やはり強烈キャラ ミスター・コリンズ

金と立場にモノを言わせて、妻を選ぼうとするところ、やはり強烈キャラですね。
それを正当化しようとしているところなんか、たまりませんね。
やっぱり友達にはなりたくないけど、傍目にみている分には面白そうです。
今後、コリンズから目が離せません!

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-01-12 08:02:09