自宅で参加できる読書会
NO. 00001397 DATE 2019 02 18

自負と偏見 の読書会ページ

自負と偏見(9784102131039)

自負と偏見

著者:Austen,Jane/著 中野好夫/翻訳 DalglishJack/著 オースティンJ./著

出版社:新潮社 (1997-07)

ISBN-10:4102131035

ISBN-13:9784102131039

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.265の気になるフレーズ

エリザベスは、ここへ着いてまもなく、そのうち二、三週間もすると、ミスター・ダーシーがくるはずだ、ということは聞いていた。ダーシーといえば、彼女としては、これほどきらいな人間もあまりなかったが、それにしても、彼が来て加わるとなれば、いつものここの会食も、少しは新味が出るかもしれぬ。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-22 05:37:39

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

退屈な会食?

エリザベスはミスター・ダーシーを毛嫌いしているにもかかわらず、
『彼が来て加わるとなれば、いつものここの会食も、少しは新味が出るかもしれぬ。』
ということを考える、その気持ちがよくわからないです。
嫌いな人間の介入が必要なほど、退屈していたということでしょうか。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-01-22 05:37:39