自宅で参加できる読書会
NO. 00002567 DATE 2019 04 24

自負と偏見 の読書会ページ

自負と偏見(9784102131039)

自負と偏見

著者:Austen,Jane/著 中野好夫/翻訳 DalglishJack/著 オースティンJ./著

出版社:新潮社 (1997-07)

ISBN-10:4102131035

ISBN-13:9784102131039

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.379の気になるフレーズ

それにしても、いつごろ建てられたものだろうかなどと、エリザベスが考えているときだったが、厩舎へ通じる裏手の道から、突然この家の主人が、姿を現わしたのだった。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-31 05:53:30

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

あ、やっぱりね!

エリザベスがお忍び?でダーシーの屋敷にきているのに、
ダーシーに会わないわけがないですね。
それにしても、このフレーズ、
エリザベスが気を抜いていたときにダーシーが現れたことが
ありありと伝わってきます。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-01-31 05:53:30