自宅で参加できる読書会
NO. 00004741 DATE 2019 08 18

自負と偏見 の読書会ページ

自負と偏見(9784102131039)

自負と偏見

著者:Austen,Jane/著 中野好夫/翻訳 DalglishJack/著 オースティンJ./著

出版社:新潮社 (1997-07)

ISBN-10:4102131035

ISBN-13:9784102131039

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.393の気になるフレーズ

しばらく話しているうちに、ダーシーは、じつはビングリーも、やがてくるはずだから、と言い出した。(中略)彼に対する彼女の怒りは、とっくに消えていたが、かりにもし残っていたにせよ、彼女の顔を見るや否や、いきなり心からうちとけて話し出した率直さを見ては、とても憎み切ることはできなかったであろう。

総コメント数:1 投稿日時:2019-02-01 05:36:39

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

ビングリーの心境がわからない

ビングリーは、エリザベスの姉ジェーンを実質振ったわけなのですが、
その妹エリザベスと普通にうちとけて会話できるとはどういう心境なのでしょうか。
ちょっと理解に苦しみます。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-02-01 05:36:39