自宅で参加できる読書会
NO. 00002574 DATE 2019 04 24

自負と偏見 の読書会ページ

自負と偏見(9784102131039)

自負と偏見

著者:Austen,Jane/著 中野好夫/翻訳 DalglishJack/著 オースティンJ./著

出版社:新潮社 (1997-07)

ISBN-10:4102131035

ISBN-13:9784102131039

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.469の気になるフレーズ

彼女としては、娘がウィカムと駈落ちして、結婚前に、二週間も同棲していたという恥ずかしさよりも、むしろ娘が新調衣装を持たないために、自然結婚式そのものにも影響してくるであろう屈辱のほうが、はるかに苦痛だったのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2019-02-07 05:20:34

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

世間体を気にするミセス・ベネットを見て

ミセス・ベネットは世間体をすごく気にする人。
こういうふうに書かれると、
ミセス・ベネットがおかしな考えを持っているように感じますが、
よく考えると、人は大なり小なり、世間体を気にしますので、
これも自然な考えなのかもしれないなとも思いました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-02-07 05:20:34