自宅で参加できる読書会
NO. 00001412 DATE 2019 02 18

自負と偏見 の読書会ページ

自負と偏見(9784102131039)

自負と偏見

著者:Austen,Jane/著 中野好夫/翻訳 DalglishJack/著 オースティンJ./著

出版社:新潮社 (1997-07)

ISBN-10:4102131035

ISBN-13:9784102131039

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.525の気になるフレーズ

ビングリーは、きちんと時間通りに来た。ミスター・ベネットと二人、午前中は、約束通り鉄砲を射ってすごしたが、ミスター・ベネットも、彼が思っていたより、はるかに愉快な猟相手だった。もともとビングリーというのが、バカげた思い上りなど、微塵もない男だったので、しぜん彼としても、例の辛辣な皮肉を飛ばしたり、たまらなくなって黙ったりしてしまう必要はなかった。ビングリーの知るかぎり、きょうほどよくしゃべる、またきょうほど正常なミスター・ベネットは、見たことがない。

総コメント数:1 投稿日時:2019-02-12 05:38:29

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

これが決めてかな

ビングリーがジェーンに求婚しますが、
ビングリーが求婚に踏み切った決め手は、このシーンで、
ジェーンの父親が変な人間ではないとわかったことですね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-02-12 05:38:29