自宅で参加できる読書会
NO. 00002562 DATE 2019 04 24

自負と偏見 の読書会ページ

自負と偏見(9784102131039)

自負と偏見

著者:Austen,Jane/著 中野好夫/翻訳 DalglishJack/著 オースティンJ./著

出版社:新潮社 (1997-07)

ISBN-10:4102131035

ISBN-13:9784102131039

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

<< 前へ  1 | 2 | 3 | 4  次へ >>  

P.214 の気になるフレーズ

つまり、わたしはね、この世でほんとうに愛せる人間なんて、ほとんどいないと思うの。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-19 08:58:43

P.228 の気になるフレーズ

財産がないということはね、せっかくの愛情までだめにしてしまうことがあるのよ。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-21 05:42:54

P.265 の気になるフレーズ

エリザベスは、ここへ着いてまもなく、そのうち二、三週間もすると、ミスター・ダーシーがくるはずだ、ということは聞いていた。ダーシーといえば、彼女としては、これほどきらいな人間もあまりなかったが、それにしても、彼が来て加わるとなれば、いつものここの会食も、少しは新味が出るかもしれぬ。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-22 05:37:39

P.273 の気になるフレーズ

「ある種の人たちのもっているような才能に欠けている。たとえば、はじめての人とでも心安く話せるというあれですね。よくあるように、そういう人たちの話にうまく調子を合わせること、そしてまたそうした話に、自分もいかにも興味がありそうな顔をすること、それがどうもできないんだな」

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-23 05:17:37

P.288 の気になるフレーズ

なんでも彼のある友人というのが、まことに軽率な結婚をしようというので、見かねてうまくつぶしてやったが、ほんとうにいいことをしたという、ただそれだけなんです。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-25 05:32:06

P.293 の気になるフレーズ

「ずいぶん抑えに抑えたのですが、だめなんです。もうだめです。僕のこの気持、どうしてももう抑えることができない。ねえ、どうか言わせてください、どんなにあなたを熱愛しているか」

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-25 05:36:38

P.294 の気になるフレーズ

彼女を一段目下の女と見、それはそのまま人間的低さと見る彼の考え、――いくら好きでも、家柄ちがいということがあれば、やはり理性的に考えて、そう簡単に結ばれるわけにはいかぬという彼の結婚観――そうしたものは、じつに熱心に縷々として述べられた。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-25 05:42:59

P.307 の気になるフレーズ

お宅のお母様と下の三人の妹様たち、そしてときにはお父様さえが、再三にわたって、というよりは、むしろ常住たえずお示しになったあのひどい、まるで礼儀知らずということにあったのです。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-26 05:28:23

P.314 の気になるフレーズ

ウィカムの第一目的は、いうまでもなく、三万ポンドという妹の財産でしたが、しかしそのほかに、私に対する復讐ということが、大きな動機だったことも明らかです。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-26 05:35:09

P.325 の気になるフレーズ

そこで、さっそくミスター・コリンズが、あることを引き合いに出して、うれしがらせを一つ言い、夫人も娘も、ニコニコとそれを受けた。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-27 07:44:35

<< 前へ  1 | 2 | 3 | 4  次へ >>