自宅で参加できる読書会
NO. 00002287 DATE 2020 01 29

さよならまでの読書会 の読書会ページ

さよならまでの読書会(9784152093905)

さよならまでの読書会

著者:ウィル・シュワルビ/著 高橋知子/翻訳

出版社:早川書房 (20130724)

ISBN-10:4152093900

ISBN-13:9784152093905

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.19の気になるフレーズ

それゆえこのときも、母が旅に出ても、いつもとちがうことが起きるとは思っていなかったし、帰国時に体調を崩していても何かが変だとも思わなかった。

総コメント数:1 投稿日時:2019-08-05 06:01:30

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

このあたりの話を読んで、亡くなった自分の父親のことを思い出しました。
特に、このフレーズの「ちがうことが起きるとはおもっていなかった」とか、
「何かが変だとも思わなかった」は
自分の父親が倒れる前に抱いていた思いと一致します。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-08-05 06:01:30