自宅で参加できる読書会
NO. 00001744 DATE 2019 12 10

さよならまでの読書会 の読書会ページ

さよならまでの読書会(9784152093905)

さよならまでの読書会

著者:ウィル・シュワルビ/著 高橋知子/翻訳

出版社:早川書房 (20130724)

ISBN-10:4152093900

ISBN-13:9784152093905

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.145の気になるフレーズ

母はわたしと会って本の好きな箇所を示すときは、自分で読みあげることはいっさいしない。本を差しだし、該当する行を指さし、読みはじめと読みおわりを示すだけだ。このときは何ヵ所かあった。いつものように母は、わたしの目が正しい箇所を見つけたときだけ指をあげた。

総コメント数:1 投稿日時:2019-08-10 06:40:24

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

親子の交流

なんかこういうの、いいですね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-08-10 06:40:24