自宅で参加できる読書会
NO. 00000686 DATE 2019 08 19

さよならまでの読書会 の読書会ページ

さよならまでの読書会(9784152093905)

さよならまでの読書会

著者:ウィル・シュワルビ/著 高橋知子/翻訳

出版社:早川書房 (20130724)

ISBN-10:4152093900

ISBN-13:9784152093905

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.155の気になるフレーズ

「以前、ボスニアで紛争が起きているときに、高校生のまえで話をしたことがあるの」母はわたしに言った。「そうしたらその翌日、生徒のひとりから電話があってね。その子の父親はある会社の大物幹部だったんだけど、わたしが講演をした日、夕食の席で父親に会社は大量の生活物資を寄付するだけじゃなくて、ボスニアへの輸送費も負担すべきだって説得したんだって。そういうことがあるから、わたしは誰にでも図書館の話をするの。誰が援助をしてくれるかわからないもの」

総コメント数:1 投稿日時:2019-08-10 07:09:13

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

種を蒔く

出会いのチャンスはどこに転がっているか分からない。
日ごろからその種を蒔いておくことが大事ですね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-08-10 07:09:13