自宅で参加できる読書会
NO. 00002298 DATE 2019 08 20

カラマーゾフの兄弟(3) の読書会ページ

カラマーゾフの兄弟(3)(9784334751234)

楽天へのリンク

カラマーゾフの兄弟(3)

著者:フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス/亀山郁夫

出版社:光文社 (2007年02月20日)

ISBN-10:4334751237

ISBN-13:9784334751234

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.138の気になるフレーズ

ミーチャは有頂天になって叫び(彼はいまも有頂天だった)、その六ルーブルをつかんで下宿に駆けもどると、下宿の主人たちから三ルーブル借り、路銀のたしにした。下宿の人々は、なけなしのお金をこころよく与えてくれた。それほどに彼を愛していたのだ。

総コメント数:3 投稿日時:2019-05-12 06:30:19

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

愛すべきミーチャ

破天荒な人は、すごく嫌われるか、すごく好かれるかの両極端なんだな
と思いました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-05-12 06:30:19

2

そうですね

この兄弟はほんとに変人揃いですけど、ミーチャがまだ現実にもいそうなキャラクターですよね。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-05-12 09:24:20

3

そう言われると

確かに皆変人なんですが、相対的にミーチャが一番現実的かもしれませんね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-05-13 06:02:24