自宅で参加できる読書会
NO. 00000501 DATE 2019 07 18

読書の腕前 の読書会ページ

読書の腕前(9784334786618)

楽天へのリンク

読書の腕前

著者:岡崎武志

出版社:光文社 (2014年10月09日)

ISBN-10:4334786618

ISBN-13:9784334786618

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

1 | 2  次へ >>  

P.18 の気になるフレーズ

本というのはじわじわ効いてくる。あるいはそのときには気づかなくて、後になって考えると、ちゃんと効果があったんだな、とわかる。または、効き目がなくても、いつのまにか溶けて、静かに体内に吸収されてしまっている。本ってそういうものだろう。

総コメント数:1 投稿日時:2019-07-06 07:02:21

P.27 の気になるフレーズ

「出世せんでもええ、毎日読みたい本を読んでたのしく暮らせたらええなあ……」

総コメント数:1 投稿日時:2019-07-07 07:19:51

P.54 の気になるフレーズ

だいたい「本を買ったら直ぐ読まないと損だ、というような根性は捨てなければいけない」と清水幾太郎も『本はどう読むか』(講談社現代新書)で言っている。そして「ツン読」についても、「買っておくと、不思議なもので、やがて読むようになるものである。気にかかる本が新しく身辺に置かれるのは、環境に新しい要素が現れることである。私たちの心に新しい刺戟が加えられるということである」と。

総コメント数:1 投稿日時:2019-07-07 07:30:54

P.79 の気になるフレーズ

本を読む喜びは、いつだってこうして、目立たない場所で、ひそかに伝えられる。大声や拡声器は似合わない。読書の薦めは、もともと、岩から沁み出した泉のような行為なのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2019-07-07 07:39:42

P.115 の気になるフレーズ

本を処分する際に、読んでいない本を残して、読んだ本を売るのは間違いで、読んだ本こそ残すべきだ

総コメント数:3 投稿日時:2019-07-08 05:44:15

P.128 の気になるフレーズ

古本を買うことは、時間を遡ってその時代に触れることでもある。古本は手軽なタイムマシーンなのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2019-07-09 05:34:28

P.141 の気になるフレーズ

ブックオフで扱う本は、「見た目にきれい」が最優先され、新刊でもカバーがないもの、汚れたり、表紙が折れたりしたものは排除される。当然ながら、いかに値打ちのある貴重な本でも、古く汚れていれば却下となるのだ。(中略)だから「ブ」で買い取りを断れらた本でも、いちおう持ち帰って、いくつか一般の古本屋へ打診してみたほうがいい。意外な高値がつくかもしれないからだ。

総コメント数:1 投稿日時:2019-07-09 05:48:55

P.147 の気になるフレーズ

「ブ」では、土日にたくさんの客が集まり、大幅に空いた棚は月曜日の午前中に補充される場合が多い。だから、珍しいものを狙うなら、月曜日の午後すぐ、が狙い目か。

総コメント数:1 投稿日時:2019-07-09 05:52:49

P.157 の気になるフレーズ

「新幹線のなかで読んで、到着した町のホテルで読んで、町を散歩して、そして歩いているとかならず雰囲気のいいコーヒー・ショップがみつかるので、そこでまた読んで。どうしてこんなに楽しいんだろう、と不思議な気持ちになるほど、これは楽しいです。感動というものを体で感じますよ」

総コメント数:1 投稿日時:2019-07-10 05:17:11

P.181 の気になるフレーズ

本は中身だけではない。まず目に入るのは外見、すなわちカバーを含む装幀だ。いい装幀の本は、それだけで手にとってみたくなる。読書の大いなる動機づけだ。

総コメント数:2 投稿日時:2019-07-10 05:29:57

1 | 2  次へ >>