自宅で参加できる読書会
NO. 00000497 DATE 2019 02 18

死ぬほど読書 の読書会ページ

死ぬほど読書(9784344984622)

楽天へのリンク

死ぬほど読書

著者:丹羽宇一郎

出版社:幻冬舎 (2017年07月27日)

ISBN-10:4344984625

ISBN-13:9784344984622

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.6の気になるフレーズ

「本なんて役に立たないから、読む必要はない」
そんな考え方をする人が少なからず出てきたということは、小さい頃から遊びも勉強も習いごとも、親や周りから、よかれと思って与えられた環境で育った人が多いことを表しているのだと思います。

総コメント数:1 投稿日時:2019-02-04 05:52:51

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

本を読む必要はない?

丹羽さんは、「本を読む必要はない」と考えている人は、
親の干渉が強く「自分の頭で考える」ことができなくなってしまった、
と考えているようです。
はたしてそうなのか、自分も考えてみたいと思います。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-02-04 05:52:51