自宅で参加できる読書会
NO. 00000634 DATE 2020 06 03

アウステルリッツ の読書会ページ

アウステルリッツ(9784560027349)

アウステルリッツ

著者:Sebald,WinfriedGeorg/著 鈴木仁子/翻訳 ゼーバルトヴィンフリート・ゲオルク/著

出版社:白水社 (2012-07)

ISBN-10:456002734X

ISBN-13:9784560027349

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.5の気になるフレーズ

もうひとつ脳裡によぎったのは、観客が去って園が閉まったあと、本当の夜がはじまりをつげたときに、この夜行獣館の住民のために電燈は灯されるのだろうか、それならこのさかしまの小宇宙にも昼が来て、彼らもいくらかなれ心穏やかに眠りにつけるだろうに、ということだったと思う。

総コメント数:1 投稿日時:2020-04-04 14:46:33

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

さかしま

このフレーズの中にあることで、この「さかしま」という言葉がすごく映えているなぁ、と思いました。
灯される電燈のイメージから連想したのか、それとも生き物への慈しみの表現の仕方からか、何故か『星の王子さま』を思い出しました。

投稿者:kukka55 投稿日時:2020-04-04 14:46:33