自宅で参加できる読書会
NO. 00002713 DATE 2021 06 15

書く、読む、生きる の読書会ページ

書く、読む、生きる(9784794224798)

楽天へのリンク

書く、読む、生きる

著者:古井 由吉

出版社:草思社 (2020年11月26日頃)

ISBN-10:4794224796

ISBN-13:9784794224798

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.272の気になるフレーズ

西の回廊の外を北へたどると、やがて左手に戒壇院の建物がみえてきて、いま通り過ぎたら、もう来られないのではないか、とわびしいような心になりかけた時、院内では四〇歳の自分が壇上を去りかねて、広目天と顔をまだ突き合せているような、奇っ怪な想像が湧いた。

総コメント数:1 投稿日時:2021-04-26 05:46:01

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

奈良を散歩してみたくなった

p.270~275のエッセイは奈良を散歩したときのもの。
猿沢池から始まり、東大寺の南大門から転害門を抜け、そこから北上、般若寺、奈良豆比古神社を散策し、その後、南西方面、興福(こんぶ)院、不退寺、法華寺へと進むコース。
このコースをグーグルマップと照らし合わせながら読んでみたら、ちょっとした旅気分を味わえました。
でも、戒壇院だけはグーグルマップ上に見つけれらませんでした。
まあ、ググれば出てくるんですが、
ここは直接自分で歩いて探してみたいなという気持ちが湧いたので、
いつか奈良を散歩するときの楽しみにとっておこうと思います。

投稿者:goodbook 投稿日時:2021-04-26 05:46:01