自宅で参加できる読書会
NO. 00002709 DATE 2021 06 15

書く、読む、生きる の読書会ページ

書く、読む、生きる(9784794224798)

楽天へのリンク

書く、読む、生きる

著者:古井 由吉

出版社:草思社 (2020年11月26日頃)

ISBN-10:4794224796

ISBN-13:9784794224798

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.296の気になるフレーズ

十一月二十二日(水)曇り
風もなく冷えこむ。まるでもう年末に感じられる。今回の仕事もしまいのほうにかかっているが、書いているとすすんでいるのかいないのか、わからないようになる。前へ行きながら後ずさりしているような気にもなる。向こう岸が見えてからが遠い。どうしても越せない瀬に感じられるところがある。年のせいでもあるが、しかし考えてみれば、何十年も似たようなことを繰り返してきた。

総コメント数:1 投稿日時:2021-05-04 06:58:24

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

ゴールは遠く感じるけど

「向こう岸が見えてからが遠い。どうしても越せない瀬に感じられるところがある。」
この気持ち、自分もよく感じています。
年齢重ねても、こういうのはなくならないんだな。
一生付き合っていく気持ちとして、受け入れなければならないでしょうね。
それでもめげずに頑張っていこう。

投稿者:goodbook 投稿日時:2021-05-04 06:58:24