自宅で参加できる読書会
NO. 00186733 DATE 2020 05 25

Web読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

登録して今すぐ参加する(無料)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

キーワードを設定して記事を絞り込む

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [370]

変身 掟の前で : 他2編(9784334751364)

P.179 の気になるフレーズ

くり返しは国語の時間でも嫌われ者だ。なぜだろう? 私は、毎日おなじドックフードにも尻尾をふる。くり返しは好物だ。というだけでなく、くり返しはレトリックの基本でもある。カフカはくり返しを多用している。

変身 掟の前で : 他2編(9784334751364)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-05-19 06:53:02

変身 掟の前で : 他2編(9784334751364)

P.153 の気になるフレーズ

門番はどれも受けとったが、受けとりながらこう言った。「受けとってやるが、ただそれは、お前のためにすぎん。なにか、し忘れたことがあったんじゃないかと、おまえが思わんように」。

変身 掟の前で : 他2編(9784334751364)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-05-19 06:43:03

変身 掟の前で : 他2編(9784334751364)

P.139 の気になるフレーズ

ちなみに、自由ということを人間たちはあまりにもしばしば勘違いしている。自由はもっとも高貴な感情と思われていますが、それに対応する錯覚もまた、もっとも高貴な感情だと思われているのです。

変身 掟の前で : 他2編(9784334751364)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-05-19 06:33:40

変身 掟の前で : 他2編(9784334751364)

P.123 の気になるフレーズ

「さて」とザムザ氏が言った。「これでわれわれも神に感謝できるぞ」。十字を切ると、3にんの女もそれにならった。グレーテは死体から目をそらさず、こう言った。「ほら、なんてやせているんだろう。ずいぶん長いあいだ、なんにも食べてなかったからね。食べ物が部屋に入ってきても、そのまま出ていっちゃってたんだ」。実際、グレーゴルのからだは、完全にぺちゃんこで、からからに乾いていた。

変身 掟の前で : 他2編(9784334751364)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-05-17 07:31:26

非常識な読書のすすめ : 人生がガラッと変わる「本の読み方」30(9784774513447)

P.181 の気になるフレーズ

人間の心理を学べる読書を私は「タテ糸の読書」と名づけました。
これに比べて、時代の常識的なことを知ろうとする読書を「ヨコ糸の読書」と呼んでいます。

非常識な読書のすすめ : 人生がガラッと変わる「本の読み方」30(9784774513447)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-05-14 05:44:56

非常識な読書のすすめ : 人生がガラッと変わる「本の読み方」30(9784774513447)

P.133 の気になるフレーズ

だいたい大きな夢を見るのなら、簡単に叶わないのは当たり前なのですよ。
そんなことくらいで、いちいち落ち込まないで、次から次へと知恵をしぼっていけばいいのです。

非常識な読書のすすめ : 人生がガラッと変わる「本の読み方」30(9784774513447)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-05-14 05:22:56

非常識な読書のすすめ : 人生がガラッと変わる「本の読み方」30(9784774513447)

P.101 の気になるフレーズ

プロセスがまるっきり抜けていて結果だけを求めるというのは、学歴重視教育の弊害なのでしょうか。

非常識な読書のすすめ : 人生がガラッと変わる「本の読み方」30(9784774513447)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-05-13 06:48:49

非常識な読書のすすめ : 人生がガラッと変わる「本の読み方」30(9784774513447)

P.76 の気になるフレーズ

自分の思いは腑に落ちるまで徹底的に考える。

非常識な読書のすすめ : 人生がガラッと変わる「本の読み方」30(9784774513447)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2020-05-13 06:42:47

ナイン・ストーリーズ(9784102057018)

P.292 の気になるフレーズ

ニコルソンがその階段を中ほどまで下りるか下りないうちである、つんざくような悲鳴が長く尾を曳いて聞えた――幼い女の子の声に違いない。それは四方をタイルで張った壁に反響するような、遠くまで鋭く響き渡る悲鳴であった。

ナイン・ストーリーズ(9784102057018)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-05-13 06:25:58

ナイン・ストーリーズ(9784102057018)

P.278 の気になるフレーズ

「ぼくは両親に対して非常に強い親近感を持ってる。つまり、彼らはぼくの両親だし、ぼくたちみんながめいめいの調和やらの一部をなしている」と、テディは言った「ぼくは両親に生きてる間は楽しい時を過してもらいたい、彼らは楽しく時を過すことが好きだから。……しかし彼らはぼくやブーパーを――ブーパーってのは妹だけど――そんなふうには愛してくれないんだな。つまり、あるがままのぼくたちを愛することはできないらしいんだ。ぼくたちをちょっとばかし変えないことには愛せないらしい。彼らはぼくたちを愛すると同時にぼくたちを愛する理由を愛しているんだ。いや、理由を愛してるときが大部分だな。そういうのは感心しないよ」

ナイン・ストーリーズ(9784102057018)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2020-05-13 06:04:31

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [370]