自宅で参加できる読書会
NO. 00088397 DATE 2018 12 11

読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

登録して今すぐ参加する(無料)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

Web読書会

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [209]

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

P.70 の気になるフレーズ

ユジェーヌ・スュー(訳注 十九世紀の興味本位の小説作家)の小説で家具や室内装飾の描写を知り、バルザックやジョルジュ・サンドを読んでそのうちに自分の欲望の想像上の満足をもとめた。

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-11 05:40:01

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞(9784062207508)

P.167 の気になるフレーズ

顔を覆いたくなった。典型的な金持ちの息子の夢ではないか。時代の流行に敏感で、柄が大きく、ゆたかな知識の裏打ちがあり、売る苦労を考えていない。

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞(9784062207508)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-10 06:16:41

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞(9784062207508)

P.100 の気になるフレーズ

トシは十二歳の小学五年生、シゲは九歳の二年生、どちらも清六より年上である。

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞(9784062207508)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-09 11:20:25

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

P.54 の気になるフレーズ

シャルルの熱情をしめす動作は規則的になった。

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-09 09:59:48

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

P.46 の気になるフレーズ

長い胴着の姫君が中世ふうのアーチ門の下で、石に肱をつきおとがいを片手にのせて、野のかなたから黒馬にのってかけつける白い羽飾りをつけた騎士を毎日待っている、あのような古い館に住みたかった。

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-08 05:31:28

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

P.42 の気になるフレーズ

こんなに近くで見ると妻の目は、目をさましてパチパチまばたきするときなどとりわけ大きく見える。影になると黒っぽく、明るいところでは濃い青に、つぎつぎに色の層のようになって、奥のほうはあくまで濃く、エナメルのような表面に行くにつれて色うすれている。シャルルの目はこの色の深みのなかに吸いこまれて、自分が、頭にまきつけた薄絹も胸をはだけた寝間着ももろともにぐんと小さくなってそこに映って見えた。

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-07 06:26:48

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞(9784062207508)

P.75 の気になるフレーズ

ここまで来ると、もはや好奇心などという生やさしいものではなく、何かしら病的な、
(執着か)
案じつつ、しかし同時に、この頭のいい長男の、
(助けになりたい)
とも思うのだった。
われながら矛盾しているが、このころにはもう政次郎も納得している。

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞(9784062207508)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-07 06:17:18

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞(9784062207508)

P.15 の気になるフレーズ

家長たるもの、家族の前で生をさらすわけにはいかぬ。つねに威厳をたもち、笑顔を見せず、きらわれ者たるを引き受けなければならぬ。

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞(9784062207508)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-06 06:01:50

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

P.29 の気になるフレーズ

板の隙間をもれて陽の光が細長い線を石だたみの上に弾き、なおその光が家具の角にあたってくだけ、天井にふるえていた。

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-05 05:58:30

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

P.29 の気になるフレーズ

それにベルトーへはもう遠慮なしに行くことができた。彼ははっきりあてのない希望、ばくぜんとした幸福を感じていた。鏡の前で頰ひげにブラシをかけるとちょっと男ぶりがよくなったような気がした。

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-05 05:54:25

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [209]