自宅で参加できる読書会
NO. 00302928 DATE 2021 12 02

Web読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

登録して今すぐ参加する(無料)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

キーワードを設定して記事を絞り込む

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [387]

鹿の王 1(9784041054895)

P.224 の気になるフレーズ

ヴァンが訳有りの男であるということは郷の誰もが察していただろうが、オゥマもヨキも女たちも詮索はしなかった。下手に問いただしたりすれば、ヴァンがここから去ってしまうのではないかと、恐れていたのかもしれない。

鹿の王 1(9784041054895)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2021-12-01 06:46:07

鹿の王 1(9784041054895)

P.208 の気になるフレーズ

乾いた藪に身体をぶつけて転がりながら、サエは土煙をあげて落ちて行く。途中で、獣がサエの身体から撥ね飛ばされて離れたのが小さく見えた。

鹿の王 1(9784041054895)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2021-11-29 06:53:34

鹿の王 1(9784041054895)

P.143 の気になるフレーズ

「さすがに、あなたに、その説明をするのは難しいかな。でも、そう、ごく簡単に言えば、あのご遺体は、三種類もの薬を作りだす可能性を秘めた宝物なの」

鹿の王 1(9784041054895)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2021-11-27 05:08:08

鹿の王 1(9784041054895)

P.134 の気になるフレーズ

ホッサルに目をやると、若主人は奇妙な表情をしていた。魂が抜けてしまったような、虚ろな目をしている。ーーー恐ろしいほどに集中して、何かを考えているのだ。この滑らかな額の向こうで、いま、どんな考えが巡らされているのか、見てみたいような気がした。

鹿の王 1(9784041054895)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2021-11-27 04:59:03

鹿の王 1(9784041054895)

P.80 の気になるフレーズ

自分に、何かが起きている。
あの夜からの変化であることは薄々感じていたが、それが意味することを考えるのが恐ろしかった。恐ろしいのに、身体の底では、奇妙な快感が脈打っている。むずがずいような熱が、肌に広がってくる。

鹿の王 1(9784041054895)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2021-11-25 05:50:33

鹿の王 1(9784041054895)

P.65 の気になるフレーズ

ただ、ぼんやりとした迷いが、ヴァンの足を止めていた。
その男がひとりであること、まだ若い男であることが、なぜか、疑いの余地がないほど、はっきりとわかる。煙の匂いを嗅いだときに脳裏に浮かんだ光景が、目で見たのと変わらぬ確かな現実に思えるのだ。
なぜ、そんな気がするのか確かめてみたかった。ーーーこの木々の向こうに、本当に苔むした岩や窪地があるのか・・・・・。

鹿の王 1(9784041054895)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2021-11-23 07:12:01

鹿の王 1(9784041054895)

P.27 の気になるフレーズ

一瞬見つめあった金色の目。あの目には、興奮の色など欠片もなかった。むしろ、冷静にこちらを観察しているようにすら見えた。

鹿の王 1(9784041054895)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2021-11-23 06:17:06

鹿の王 1(9784041054895)

P.181 の気になるフレーズ

ムリョはちょっと手を上げ、遠巻きにしてこちらを見ている若者たちに何か合図をした。すると、若者たちは滑るような足取りで近づいてきて、馬を預かってくれた。
何も聞かず、合図ひとつで滑らかに動く。ーーー訓練された猟犬のような若者たちだった。

鹿の王 1(9784041054895)

総コメント数:1 投稿者:shuuka 投稿日:2021-11-16 21:35:44

鹿の王 1(9784041054895)

P.134 の気になるフレーズ

ホッサルに目をやると、若主人は奇妙な表情をしていた。魂が抜けてしまったような、虚ろな目をしている。ーーー恐ろしいほどに集中して、何かを考えているのだ。この滑らかな額の向こうで、いま、どんな考えが巡らされているのか、見てみたいような気がした。

鹿の王 1(9784041054895)

総コメント数:2 投稿者:shuuka 投稿日:2021-11-13 20:19:42

鹿の王 1(9784041054895)

P.80 の気になるフレーズ

自分に、何かが起きている。
あの夜からの変化であることは薄々感じていたが、それが意味することを考えるのが恐ろしかった。恐ろしいのに、身体の底では、奇妙な快感が脈打っている。むずがずいような熱が、肌に広がってくる。

鹿の王 1(9784041054895)

総コメント数:2 投稿者:shuuka 投稿日:2021-11-08 18:13:46

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [387]