自宅で参加できる読書会
NO. 00003263 DATE 2018 12 12

書籍情報

トム・ジョウンズ〈1〉 (岩波文庫)(9784003221112)

この本のアマゾンへのリンク

トム・ジョウンズ〈1〉 (岩波文庫)

Henry Fielding(原著) 朱牟田 夏雄(翻訳) フィールディング著

出版社:岩波書店 (1975-06-16)

ISBN-10:4003221117

ISBN-13:9784003221112

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.257 の気になるフレーズ

賢者は人生を須臾(しゅゆ)の間と見たが、我々も一生をただ一日と観ずることは許されるはず。私はいわば人生の夕方を迎えてこの世をおいとまするわけだが、若死する人たちだってわずか数時間の差にすぎない。そう考えれば嘆くにはあたらないし、たいがいの場合はその数時間が労苦困憊の数時間なのだ。

総コメント数:2 投稿日時:2017-06-07 21:20:59

P.258 の気になるフレーズ

鼻の先にせまった死はいかに巨大に恐ろしく見えようとも、人はちょっとでも離れては死を見得ないのだ。死の危険を感ずると身も世もなくうろたえ怯えるが、死の恐怖が心から払拭されればそのとたんにケロリと心配を忘れる。がしょせん死を免れた者は無罪放免ではない。ただ執行猶予だけ、それも短期間の執行猶予なのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-06-07 21:28:49