自宅で参加できる読書会
NO. 00000347 DATE 2020 01 23

群盗 の読書会ページ

群盗(9784003241011)

群盗

著者:Schiller,Friedrich/著 久保栄/翻訳 シラー/著

出版社:岩波書店 (1992-08)

ISBN-10:4003241010

ISBN-13:9784003241011

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.192の気になるフレーズ

フランツ (前略)さあ、言え、何がいちばん思い罪だ、何がいちばん、神の野郎を憤らせる。
モオゼル 先ず、二つしかありますまいな。だが、それは、人間に出来ることでもなく、人間に考えられることでもございません。
フランツ 何と何だ?――
モオゼル (語調をつよめて)一つは、父殺し、もう一つは、兄弟殺しです。――どうなさった、急に、お顔がまっ青に?

総コメント数:1 投稿日時:2020-01-14 05:39:59

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

モオゼルのセリフの真意

ここでモオゼルが言った一番重い罪「父殺し」と「兄弟殺し」。
これは、宗教上で本当にそう考えられていることなのでしょうか。
それとも、モオゼルがフランツを戒める(追いつめる?)ために言ったことなのでしょうか。
この辺りが気になりました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-01-14 05:39:59