自宅で参加できる読書会
NO. 00001158 DATE 2020 04 03

モーパン嬢 上 の読書会ページ

モーパン嬢 上(9784003257456)

モーパン嬢 上

著者:Gautier,Théophile/著 井村実名子/翻訳 GautierTh'eophile/著 ほか

出版社:岩波書店 (2006-10)

ISBN-10:4003257456

ISBN-13:9784003257456

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

1 | 2  次へ >>  

P.11 の気になるフレーズ

──あなた、誰かに噛まれました? 何かに刺されましたか?そんな声高に騒ぎ立てるとは、何事です? 哀れな悪徳にそれほどまでに恨みを抱くとは、何かひどい仕打ちでも受けましたか? あれはお人好しの従順なやつです。悪さをするといっても、自分の愉しみでやるだけで、できれば人さまに迷惑をかけまいとしていませんか?

総コメント数:2 投稿日時:2020-02-25 20:50:35

P.18 の気になるフレーズ

──淫猥小説に関する徳高き新聞記者の博識は無尽蔵だ。──理由を知りたいものだ。

総コメント数:2 投稿日時:2020-02-25 21:04:52

P.20 の気になるフレーズ

予算案みたいに膨れた腹。

総コメント数:1 投稿日時:2020-04-02 06:16:07

P.39 の気になるフレーズ

批評家の意見に添うように、それから私は『ヘリオガバルス』と題する五幕の古代悲劇を書いた。

総コメント数:1 投稿日時:2020-04-03 05:59:15

P.54 の気になるフレーズ

 真に美しいものは、何の役にも立たないものに限られる。有益なものはすべて醜い。何らかの欲求の現れだからだ。

総コメント数:2 投稿日時:2020-02-26 17:31:15

P.208 の気になるフレーズ

二人の関係にはまだ切れた横糸は見えないが、あちこちにもつれた結び目ができて、縦糸もきちんと揃っているとは言えない状態だ。

総コメント数:2 投稿日時:2020-02-22 19:57:32

P.213 の気になるフレーズ

──こんなロゼットを見て、ぼくはすでに彼女の愛人であって、これから愛人になる身ではないことが口惜しかった。

総コメント数:2 投稿日時:2020-02-22 19:59:50

P.230 の気になるフレーズ

──これほど退屈しなければ、退屈な男でもないだろうし。

総コメント数:2 投稿日時:2020-02-23 14:45:13

P.245 の気になるフレーズ

──ぼくをぼく自身から引き離すものなら何でも有益だ。

総コメント数:2 投稿日時:2020-02-23 14:51:59

P.259 の気になるフレーズ

──わたしは気高い心を持って生まれました。でも愛されないことほど、人を堕落させるものはないわ。

総コメント数:1 投稿日時:2020-02-23 17:44:15

1 | 2  次へ >>