自宅で参加できる読書会
NO. 00013140 DATE 2022 08 16

巫女 の読書会ページ

巫女(9784003275726)

巫女

著者:Lagerkvist,Pär/著 山下泰文/著 ラーゲルクヴィスト/著

出版社:岩波書店 (2002-12)

ISBN-10:4003275721

ISBN-13:9784003275726

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.34の気になるフレーズ

 私をこんな人生に追い込んだあの男を信じている徒(やから)に時々出会うことがありました。しかも、だんだん頻繁になっていくのでした。というのも、あいつの教えがどんどん広がっていったようなのです。連中、馬鹿なのか、あるいは、何か他に理由でもあるのか、皆、本当に幸せそうにしてるんです。

総コメント数:1 投稿日時:2019-11-25 20:45:41

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

ドキュメンタリー映画

この小説らしくない独特の語り口がそうさせるのか、ドキュメンタリー映画を観ているような気分になってきます。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-11-25 20:45:41