自宅で参加できる読書会
NO. 00001659 DATE 2019 08 23

蜻蛉日記 の読書会ページ

蜻蛉日記(9784006022259)

楽天へのリンク

蜻蛉日記

著者:藤原道綱母/室生犀星

出版社:岩波書店 (2013年08月)

ISBN-10:4006022255

ISBN-13:9784006022259

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.16の気になるフレーズ

そうらしいとは思うが、くやしいのであけさせないでいると、例の女の家と思われる所へ行ってしまった。が、朝になってそのままにしておくのも気になるので、

嘆きつつひとりぬる夜のあくる間はいかに久しきものとかは知る
(嘆きながらひとり寝ている夜の、あの長い夜明けを待つ苦しみがどんなに長く堪えられないものかおわかりでございますか)

といつもより少しひきつくろった字で書いて、色あせた菊にさして持たせてやった。

総コメント数:2 投稿日時:2019-06-06 21:41:36

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

百人一首

こんなシチュエーションで詠まれた歌だったんだなぁと思いました。「ひきつくろった字」ってどんな字なんだろう。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-06-06 21:41:36

2

へー、これは百人一首のやつなんですね。

「ひきつくろった字」
「つくろう(繕う?)」は「整えてかっこうをつける。」という意味だから、
シチュエーションから考えると、
動揺しつつも冷静さを見せようとする感じの字?
って、どういう字だ!
自分で書いていて、よくわからなくなりました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-06-07 05:56:15