自宅で参加できる読書会
NO. 00001660 DATE 2019 08 23

蜻蛉日記 の読書会ページ

蜻蛉日記(9784006022259)

楽天へのリンク

蜻蛉日記

著者:藤原道綱母/室生犀星

出版社:岩波書店 (2013年08月)

ISBN-10:4006022255

ISBN-13:9784006022259

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.20の気になるフレーズ

このごろは長い間のちぎりで本邸に住んでいる時姫のところさえ、とだえがちだという噂なので、文など通わすついでがあったので、五月三、四日のころこんなお見舞いを贈ってみた。

そこにさへかるといふなる真菰草いかなる沢に根をとどむらむ
(あなたの所さえ離れているということですが、いったいあの人はどこに通っているのでしょうか)

すぐに返事が来た。

真菰草かるとは淀の沢なれや根をとどむてふ沢はそことか
(離れていったのは私の所でしょう。あの人の通っているのはあなたの所と聞いていますが)

痛い歌だった。

総コメント数:2 投稿日時:2019-06-07 18:06:06

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

痛い歌

ライバルでもあり戦友でもある妻同士の短歌の交換。たしかに痛々しい。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-06-07 18:06:06

2

切ない話

お互い、この人には負けたくないと思っていたら、結局は別の第三者がいた。
この二人の気持ちを想像すると、切なくなってしまいます。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-06-08 05:58:40