自宅で参加できる読書会
NO. 00001657 DATE 2019 08 23

蜻蛉日記 の読書会ページ

蜻蛉日記(9784006022259)

楽天へのリンク

蜻蛉日記

著者:藤原道綱母/室生犀星

出版社:岩波書店 (2013年08月)

ISBN-10:4006022255

ISBN-13:9784006022259

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.23の気になるフレーズ

(前略)最近はほんとうに長い間訪れてこない。普通のときならなんでもなかったのだが、私はこのごろ魂が遊離でもしたようにぼんやりとしてしまい、なんでもなにげなく置いてあるものがふと見えなくなってしまう状態だった。

総コメント数:1 投稿日時:2019-06-07 18:15:40

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

「をかし」 「あへなし」と違って

呆然自失でいる時に、傍から見れば一点を見つめているようでも、実はその焦点が定まっておらず何も見ていない、ということはあります。でも古典というと「をかし」「あへなし」などシンプルな言葉で心の動きの機微を表現するイメージだったので、このフレーズは新鮮に感じました。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-06-07 18:15:40