自宅で参加できる読書会
NO. 00001655 DATE 2019 08 23

蜻蛉日記 の読書会ページ

蜻蛉日記(9784006022259)

楽天へのリンク

蜻蛉日記

著者:藤原道綱母/室生犀星

出版社:岩波書店 (2013年08月)

ISBN-10:4006022255

ISBN-13:9784006022259

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.30の気になるフレーズ

身のあきを思ひ乱るる花の上にうちの心は言へばさらなり
(あきられたのを思い悩んでいる私の心の中は、もう言うことばもありませぬ)

と言ってみたが、またいつものように冷たい態度になってしまった。

総コメント数:2 投稿日時:2019-06-07 18:24:23

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

言えばさらなり

「もう言うことばもない」と訳されていますが、「今更言っても仕方ないでしょ」とか、現代語風に考えると「言葉に出してしまうとさらに苦しくなる」とか、この七文字にさまざまな気持ちが込められているように思えます。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-06-07 18:24:23

2

女心は難しい

こういう歌を詠んでいながら、『いつものように冷たい態度』をとる。
女心は難しい…。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-06-08 06:08:28