自宅で参加できる読書会
NO. 00002442 DATE 2018 12 13

書籍情報

遠く不思議な夏(9784037271305)

この本のアマゾンへのリンク

遠く不思議な夏

森田 みちよ(イラスト) 斉藤 洋著

出版社:偕成社 (2011-07-05)

ISBN-10:4037271303

ISBN-13:9784037271305

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.126 の気になるフレーズ

その子は、ひざまでの青い着物を着て、黄色い帯をしめていた。足には下駄をはいていた。
もう五十年も昔のこととはいえ、下駄をはいている子はいても、いくらなんでも、ひざまでの着物を着て、帯をしめている子はいなかった。しかも、その子は髪を頭のてっぺんでむすんでいたのだ。時代劇に出てくる子どもというふうなのだ。

総コメント数:2 投稿日時:2017-08-29 06:00:57

P.133 の気になるフレーズ

座敷わらしが出ていくから、家がおちぶれるんじゃない。家がおちぶれるから、座敷わらしがでていくのだ。それから、逆に、座敷わらしが住みつくから、家がさかえるんじゃない。さかえそうな家に座敷わらしがくるんだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-08-29 05:33:23