自宅で参加できる読書会
NO. 00000422 DATE 2019 07 18

桟敷童の誕 の読書会ページ

桟敷童の誕(9784040707181)

楽天へのリンク

桟敷童の誕

著者:佐々木禎子

出版社:KADOKAWA (2015年10月15日)

ISBN-10:4040707184

ISBN-13:9784040707181

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.18 の気になるフレーズ

直截な誉め言葉をぶつけられると嬉しさより先に何故か精神が削られていく。かといって、作品をけなされるともっと削られる。

総コメント数:1 投稿日時:2019-04-24 05:30:41

P.87 の気になるフレーズ

乗せて練り歩けと云ったわりに榎木津が車を運転し、天城が隣に乗ることになった。

総コメント数:1 投稿日時:2019-04-24 05:35:38

P.98 の気になるフレーズ

ぐちゃぐちゃ理由づけをしている暇にやりたいことをやる!

総コメント数:1 投稿日時:2019-04-23 05:48:04

P.136 の気になるフレーズ

「何を説明しろというんだ。探偵の動かし方については僕より関口君のほうが得意だろう」

総コメント数:1 投稿日時:2019-04-24 05:39:19

P.217 の気になるフレーズ

「平気ですよ。この人はいつもこんなふうに云うけれど結局頼み事を引き受けてしまうんです」
云われた途端、京極堂の顔が最強の極悪になったが千鶴子はまるで平気な顔をしていたのだった。

総コメント数:1 投稿日時:2019-04-26 05:04:41