自宅で参加できる読書会
NO. 00000500 DATE 2021 12 02

鹿の王 1 の読書会ページ

鹿の王 1(9784041054895)

楽天へのリンク

鹿の王 1

著者:上橋 菜穂子

出版社:KADOKAWA (2017年06月17日頃)

ISBN-10:4041054893

ISBN-13:9784041054895

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.80の気になるフレーズ

自分に、何かが起きている。
あの夜からの変化であることは薄々感じていたが、それが意味することを考えるのが恐ろしかった。恐ろしいのに、身体の底では、奇妙な快感が脈打っている。むずがずいような熱が、肌に広がってくる。

総コメント数:2 投稿日時:2021-11-08 18:13:46

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

俺はどうなったんだろう、、、

身を委ねてしまうと、己を失ってしまうのかも知れない

投稿者:shuuka 投稿日時:2021-11-08 18:13:46

2

恐ろしいと感じること

普通の人であれば、快感に身を任せてしまいそうです。「恐ろしい」と感じるのはヴァン独特なのではないかと思いました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2021-11-25 05:50:33