自宅で参加できる読書会
NO. 00000507 DATE 2021 12 02

鹿の王 1 の読書会ページ

鹿の王 1(9784041054895)

楽天へのリンク

鹿の王 1

著者:上橋 菜穂子

出版社:KADOKAWA (2017年06月17日頃)

ISBN-10:4041054893

ISBN-13:9784041054895

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.134の気になるフレーズ

ホッサルに目をやると、若主人は奇妙な表情をしていた。魂が抜けてしまったような、虚ろな目をしている。ーーー恐ろしいほどに集中して、何かを考えているのだ。この滑らかな額の向こうで、いま、どんな考えが巡らされているのか、見てみたいような気がした。

総コメント数:2 投稿日時:2021-11-13 20:19:42

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

見守るマコウカン

ホッサルは側にマコウカンがいることで、安心して物事に集中できるんだろうな

投稿者:shuuka 投稿日時:2021-11-13 20:19:42

2

自然体

「ホッサルは側にマコウカンがいることで、安心して物事に集中できるんだろうな」
そうですね。
たぶん、マコウカンもホッサルも守っているとか、守られているとか意識はしていない。
この自然体の感じがいいですね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2021-11-27 04:59:03