自宅で参加できる読書会
NO. 00008199 DATE 2022 07 05

形象と時間 : 美的時間論序説 の読書会ページ

形象と時間 : 美的時間論序説(9784061593183)

形象と時間 : 美的時間論序説

著者:谷川渥/著

出版社:講談社 (1998-02)

ISBN-10:4061593188

ISBN-13:9784061593183

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.24の気になるフレーズ

感性的=美的なものの領域において、時間はいかなる役割を演じうるだろうか。

総コメント数:2 投稿日時:2019-07-27 18:57:06

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

この本のテーマ

私もたまにはフィクションじゃないものを読んでみようと、リーディングリストにずっと前から入れていた、この本を読むことにしました。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-07-27 18:57:06

2

意外に読みやすい?

本のタイトル『形象と時間 : 美的時間論序説』だけ見ると、
かなり堅そうな感じがしますが、紹介してもらったフレーズを見ると、
結構よみやすそうな感じがしました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-07-28 07:32:34