自宅で参加できる読書会
NO. 00001636 DATE 2020 01 29

形象と時間 : 美的時間論序説 の読書会ページ

形象と時間 : 美的時間論序説(9784061593183)

形象と時間 : 美的時間論序説

著者:谷川渥/著

出版社:講談社 (1998-02)

ISBN-10:4061593188

ISBN-13:9784061593183

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.66の気になるフレーズ

  夏草や兵どもが夢の跡
(中略)
P68
この句は、眼前に青々と茂る「夏草」の現前的イマージュから、「兵どもが夢」という不在の深みのなかに一瞬落ちこみ、そしてまた「跡」という言葉によって、現在のこの場所、いま·ここに立ち戻って来る、という意識の運動を喚起するのである。現前から不在へ、不在から現前へと移行することによって、この句は、それ自体が回帰する時間を構造として有しているといってもいいであろう。

総コメント数:2 投稿日時:2019-08-04 19:03:24

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

俳句って

五七五にこんな時間旅行が解放されているなんて、すごいなぁと思いました。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-08-04 19:03:24

2

解放→内包

打ち間違えました!!

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-08-04 19:33:02