自宅で参加できる読書会
NO. 00007190 DATE 2018 10 24

書籍情報

つながる読書術 (講談社現代新書)(9784062881333)

この本のアマゾンへのリンク

つながる読書術 (講談社現代新書)

日垣 隆著

出版社:講談社 (2011-11-18)

ISBN-10:4062881330

ISBN-13:9784062881333

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.15 の気になるフレーズ

だから今こそ、パソコンでは出せない答えを、考え出せる人間になりましょう。

総コメント数:1 投稿日時:2016-04-01 06:37:24

P.36 の気になるフレーズ

目的は読み終えることではなく、ポイントを抽出することです。

一、三時間かけて、「おもしろい!」と思う箇所を一〇ヵ所
二、「人と話し合いたい」あるいは「自分で考えたい」というテーマや問題点を三ヵ所
三、「許せない、これは絶対違うと言っておきたい」と主張したい箇所を一ヵ所

以上「一〇・三・一」のポイントをきちんと抽出できていれば、どんな読み方をしていてようと、仮にページ半ばだろうと、「その本をだいたい読めた」と見なしてよいでしょう。

総コメント数:1 投稿日時:2016-04-02 05:31:41

P.63 の気になるフレーズ

創造的に読む、批判的に読むというのは大いに結構ですが、大前提として「正確に読み取る」ということが大切です。正確に読み取れないのであれば、読書の意味がなくなってしまいます。

総コメント数:1 投稿日時:2016-04-04 05:09:30

P.75 の気になるフレーズ

線を引き、付箋を付けながら読了したものの、そのまま放置してしまう本も多くあるでしょう。そうなりそうな本は最後に五分間、時間をとり、印の部分をもう一度見返し、まとめて再読するようにします。この五分は黄金の五分間です。これをやるかやらないかで、理解度ははるかに違ってきます。

総コメント数:1 投稿日時:2016-04-04 05:29:04

P.85 の気になるフレーズ

本を読んで答えを見つけたり、じっくり考えたりといった営みは、ネットで情報を得るより手間がかかりますが、その分、必要に駆られて考える場面がたくさんあります。

総コメント数:1 投稿日時:2016-04-04 05:54:03

P.129 の気になるフレーズ

本を読んだら、人に教えてあげたい箇所と、その理由を抽出する。読書の要諦は、こうして自分の意見を明確にしてみることです。

総コメント数:1 投稿日時:2016-04-06 05:07:11

P.140 の気になるフレーズ

読書量が多くなればなるほど、この本をなぜ買ったか、忘れてしまって当然です。が、その「なぜ」は、とても重要なことですから、何らかの形(コピーをして本に挟むか、メモをするか)で判別できるようにすることをお奨めします。

総コメント数:1 投稿日時:2016-04-06 05:23:02

P.148 の気になるフレーズ

線を引き、印を付け、余白に自分の感じたあらゆることを書き込むといった読み方をすれば、それは世界に一冊だけの本になります。

総コメント数:1 投稿日時:2016-04-07 06:05:06

P.189 の気になるフレーズ

アメリカでは読書クラブが多数存在しますし、朝のスターバックスには読書会を自然にできる雰囲気がありますが、日本はまだ、そこまではいっていません。

総コメント数:1 投稿日時:2016-04-09 06:52:35

P.234 の気になるフレーズ

書き手も読み手も、本来は孤独なものです。
その孤独さは相変わらず非常に重要な営為なのですが、世界中がネットでつながっている現在、他人の力を借り、また時には貸し、少数といえどもそうした「つながり」が世の中を動かしていく時代になりつつあるのだと、私は思います。

総コメント数:1 投稿日時:2016-04-11 05:12:23