自宅で参加できる読書会
NO. 00004770 DATE 2021 09 23

地下室の手記 の読書会ページ

地下室の手記(9784102010099)

楽天へのリンク

地下室の手記

著者:ドストエフスキー

出版社:新潮社 (1970年01月01日頃)

ISBN-10:4102010092

ISBN-13:9784102010099

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.41の気になるフレーズ

実際問題として、たとえば、いつの日か、ぼくらの恣欲やら気まぐれやらの方程式がほんとうに発見されてだ、それらのものが何に左右されるか、いかなる法則にもとづいて発生するか、どのようにして拡大していくか、これこれの場合にはどこへ向って進んでいくか、といったようなことがわかってしまったら、つまり、ほんものの数学的方程式が発見されたら、そのときには人間、おそらく即座に欲求することをやめてしまうだろう、いや、確実にやめてしまうに相違ない。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-28 05:57:15

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

すべてが分かる方程式

たぶん、こういう方程式はあると思うけど、人間にこの方程式を導くことは不可能でしょうね。
でも、その方程式を作ることが出来たら…。つまり未来とかが容易にわかってしまうようになったら。確かに、なんにも面白くないでしょうね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-05-28 05:57:15