本の読み方が変わる。
NO. 00002458 DATE 2018 08 17

書籍情報

大いなる遺産 (上巻) (新潮文庫)(9784102030011)

この本のアマゾンへのリンク

大いなる遺産 (上巻) (新潮文庫)

山西 英一(翻訳) ディケンズ著

出版社:新潮社 (1951-11-01)

ISBN-10:4102030018

ISBN-13:9784102030011

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.98 の気になるフレーズ

「すべてのものに公明正大に、人と人を公平無私にあつかうなら、わしのおやじも心の底には、とても良いところをもっていたんだ。わかるだろう?」

総コメント数:1 投稿日時:2017-07-22 21:29:29

P.104 の気になるフレーズ

ジョーはこの言葉を、まるででかいたの字が十もよってできているみたいにいった。原文どうなってるんでしょう?

総コメント数:2 投稿日時:2017-07-22 21:33:54

P.151 の気になるフレーズ

嘘はやっぱし嘘だということだ。嘘はどうして生まれたにせよ、やっぱし生まれちゃいけないものなんだ。嘘は嘘のおやじから生まれて、まわりまわって、またおなじところへもどっていくもんだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-07-22 21:41:22

P.275 の気になるフレーズ

「というのはね、もしそのひとを見かえしてやるためだったら」と、ピディはつづけた、「そのひとのいうことなんか、ちっとも気にかけないでいるほうが、もっといい、もっと独立的なやりかただと、私思うの――(後略)

総コメント数:1 投稿日時:2017-07-30 12:59:38