本の読み方が変わる。
NO. 00000424 DATE 2018 08 16

書籍情報

オリヴァー・ツイスト (新潮文庫)(9784102030073)

この本のアマゾンへのリンク

オリヴァー・ツイスト (新潮文庫)

Charles J.H. Dickens(原著) 加賀山 卓朗(翻訳) チャールズ ディケンズ著

出版社:新潮社 (2017-04-28)

ISBN-10:4102030077

ISBN-13:9784102030073

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.362 の気になるフレーズ

ふたりの女性のうち一方はかなり年配だが、坐っている背もたれの高いオークの椅子もかくやというほど、背筋がぴんと伸びていた。古風な服にいくらか流行の趣味を取り入れて、古い様式の味わいを損なうというより、むしろ心地よく際立たせた独特の着こなしで、最高に品がよく、わずかな乱れもない。

総コメント数:1 投稿日時:2018-06-05 10:21:52

P.362 の気になるフレーズ

ふたりの女性のうち一方はかなり年配だが、坐っている背もたれの高いオークの椅子もかくやというほど、背筋がぴんと伸びていた。古風な服にいくらか流行の趣味を取り入れて、古い様式の味わいを損なうというより、むしろ心地よく際立たせた独特の着こなしで、最高に品がよく、わずかな乱れもない。

総コメント数:1 投稿日時:2018-06-05 10:21:57

P.423 の気になるフレーズ

われわれは注意深く対処しなければならない。どんな死も、かならず残された少数の人々に、あれもこれもしなかった、したにしても少なすぎたという思いをもたらす。あまりにも多くのことを忘れていた、修正できたかもしれないことがこんなにもあった――そういう後悔は人の記憶のなかでももっともつらいものだ。

総コメント数:5 投稿日時:2018-06-05 10:30:59

P.712 の気になるフレーズ

人間はひとりでいるのは好ましくない。いまの世界に生きるわれわれは、修道院生活や宗教的恍惚についてそう言われれば、なるほどと思うけれども、絶対的なオリジナリティの要求は、じつに絶対的な引きこもり、絶対的な孤独の要求だということは認めようとはしない。

総コメント数:1 投稿日時:2018-06-09 09:11:23

P.713 の気になるフレーズ

『オリヴァー』は彼の作品中、群を抜いて気鬱な本であり、いくつかの意味でいちばん苛立たしくもある。それでも、最終的にその不恰好なところが、大らかで色彩豊かな作品全体に、誠実さのひと筆を加えている。

総コメント数:1 投稿日時:2018-06-09 09:34:40

P.721 の気になるフレーズ

もし彼がいまの時代にいたら、それは個人主義者に対する社会主義者の反抗にも、社会主義者に対するアナーキストの反抗にもなっていないだろう。(中略)彼は抑圧に関する個別の議論を嫌ったのではない。抑圧そのものを嫌った。(中略)当時もいまも、衒学者が“ディケンズのセンチメンタリズム”と呼ぶものは、じつはたんにディケンズの客観的な健全さだった。

総コメント数:1 投稿日時:2018-06-09 09:47:02