自宅で参加できる読書会
NO. 00001302 DATE 2020 10 21

デイヴィッド・コパフィールド(第2巻)改版 の読書会ページ

デイヴィッド・コパフィールド(第2巻)改版(9784102030110)

楽天へのリンク

デイヴィッド・コパフィールド(第2巻)改版

著者:チャールズ・ディケンズ/中野好夫

出版社:新潮社 (2006年09月)

ISBN-10:4102030115

ISBN-13:9784102030110

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.290の気になるフレーズ

私たちは、すぐそばの部屋(あの東インド産シェリーの話で、忘れられぬものとなっていた、きっと、あの朝食用食堂だ)へ入ると、誰か、「コパフィールド君、娘のドーラと、その親友だよ!」という声が聞えた。きっと、ミスタ・スペンロウの声だったに相違ない。だが、私には、よくわからなかったし、また、だれの声だろうと、そんなことは、どうでもよかった。一瞬にして、一切は終った。私の運命は決まったのだった。私は、俘虜になり、奴隷になった。私は、狂ったように、ドーラ・スペンロウを愛したのである!

総コメント数:1 投稿日時:2020-08-26 05:11:46

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

恋に落ちる

こんな気持ち、懐かしいな。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-08-26 05:11:46