自宅で参加できる読書会
NO. 00000920 DATE 2020 12 05

デイヴィッド・コパフィールド 4 の読書会ページ

デイヴィッド・コパフィールド 4(9784102030134)

楽天へのリンク

デイヴィッド・コパフィールド 4

著者:チャールズ・ディケンズ

出版社:新潮社 (2006年09月)

ISBN-10:4102030131

ISBN-13:9784102030134

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.237の気になるフレーズ

そして、黙って私を海岸に連れて行った。そういえば、二人ともまだ幼い頃、彼女と一緒に貝殻を拾ったその海岸--昨夜の風で、はかなく吹き倒されたあの古船の家の軽い破片が、空しく散り敷いているこの海岸--いわば彼自身が破壊したその家庭の廃墟の中に--まるで場所まで同じに、彼は眠っているのだった--よくあの塾の頃にもした、頭を軽く腕の上にのせた格好で。

総コメント数:1 投稿日時:2020-11-11 05:08:07

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

2人に起こった急展開

最初、何が起こったのかわかりませんでしたが、よく読めば「いわば彼自身が破壊したその家庭の廃墟の中に」とか、「よくあの塾の頃にもした」とかにヒントがありましたね。
それにしても、エミリーに関わった2人の男が同時にこんなことになるとは。
彼ら二人の人生を想うと、ちょっと切ない気持ちになってしまいます。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-11-11 05:08:07