自宅で参加できる読書会
NO. 00001890 DATE 2020 08 15

ナイン・ストーリーズ の読書会ページ

ナイン・ストーリーズ(9784102057018)

楽天へのリンク

ナイン・ストーリーズ

著者:J・D・サリンジャー

出版社:新潮社 (1974年12月24日頃)

ISBN-10:4102057013

ISBN-13:9784102057018

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

1 | 2  次へ >>  

P.29 の気になるフレーズ

「きみはただ目を開けて、バナナフィッシュを見張ってれば、それでよろし。今日はバナナフィッシュにうってつけの日だから」

総コメント数:1 投稿日時:2020-04-28 06:37:06

P.37 の気になるフレーズ

彼女は寝椅子の上にながながと身を横たえ、細いけれども実にきれいな脚を投げ出して足首を重ね合せていた。

総コメント数:1 投稿日時:2020-04-28 06:45:12

P.63 の気になるフレーズ

「かわいそうなひょこひょこおじさん」何度も何度も繰り返して彼女はそう言った。

総コメント数:1 投稿日時:2020-04-29 11:41:15

P.89 の気になるフレーズ

「ねえ、晩ごはんの後で電話するわ。あなた今夜、何か特別の用事あって? あたし、遊びに来るかもしれない」

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-01 05:37:20

P.115 の気になるフレーズ

当然のことながら、話はここで終った(そして、そのまま二度と語られることはなかった)。団長はバスを発車させた。中央の通路を挟んで、私の向い側に、ビリー・ウォルシュという、コマンチどもの中で一番年少の子が坐っていたが、これが急に泣きだした。私たちは誰もそれをとめなかった。私は――私は膝がふるえていたのを覚えている。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-02 05:35:12

P.139 の気になるフレーズ

私の場合は、たいてい、晴れた日には田舎の景色を見物してまわったが、雨の日には、いつも、雨のあたらぬ所に坐って本を読んだ。それがピンポン台のそば近くだったことも珍しくない。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-06 10:44:25

P.144 の気になるフレーズ

控え目にちらりと浮ぶ微笑が、ときに、奇妙なほど華やかに見えることがあるものだが、このときの微笑もそうであった。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-06 10:49:52

P.197 の気になるフレーズ

「あのね、あんたも知りたいだろうと思ったから。ジョーニーがいま帰って来た」

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-07 06:23:14

P.216 の気になるフレーズ

その夜おそく、ヨショト夫人の手になるマレー風日本料理の夕食がまだこなれもせずに固まって、胸のあたりをエレベーターよろしく上がったり下がったりするのを意識しながらベッドの中で眠られずにいると、(後略)。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-09 06:02:41

P.235 の気になるフレーズ

事実がはっきり分るのはいつも遅きに失するのが通例だけれど、「喜び」と「仕合せ」の最も著しい違いは「仕合せ」は固体であるに反し、「喜び」は液体だということだ。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-11 05:47:14

1 | 2  次へ >>