自宅で参加できる読書会
NO. 00000446 DATE 2020 04 03

フラニーとズーイ の読書会ページ

フラニーとズーイ(9784102057049)

楽天へのリンク

フラニーとズーイ

著者:J・D・サリンジャー/村上春樹

出版社:新潮社 (2014年02月28日)

ISBN-10:4102057048

ISBN-13:9784102057049

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.150の気になるフレーズ

彼の謝罪は心からのものだった。ミセス・グラスにもそれはわかっていたが、つけこむ隙としてそれを利用する誘惑にはどうしても勝てなかった。(中略)「おまえには親切心ってものがまるでないんだね、ズーイ。もう大人になったんだから、意地悪い気持ちになっても、ちょっとした親切心を発揮しようという姿勢が、少なくともその姿勢くらいは、あってもいいはずだよ。バディーは少なくとも場合によっては――」。

総コメント数:1 投稿日時:2020-03-24 06:07:07

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

この親にしてこの子あり

つけ込む隙をついて説教する母親。
そしてそれが「弱みにつけ込むな」というような内容。
「この親にしてこの子あり」と言ったところでしょうか。
自分も、親として気をつけたいところですね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-03-24 06:07:07