本の読み方が変わる。
NO. 00003834 DATE 2018 08 16

書籍情報

人間ぎらい (新潮文庫)(9784102059012)

この本のアマゾンへのリンク

人間ぎらい (新潮文庫)

内藤 濯(翻訳) モリエール著

出版社:新潮社 (1952-03-24)

ISBN-10:4102059016

ISBN-13:9784102059012

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

1 | 2  次へ >>  

P.10 の気になるフレーズ

しかし、社交界の一員である以上は、慣習上、世間一般の礼儀作法はまもらんけりゃならんよ。

総コメント数:2 投稿日時:2017-11-18 15:06:47

P.10 の気になるフレーズ

人間は人間でありたいのだ。どんな場合にも、僕等の心の奥底を僕等の言葉にあらわしたいのだ。僕等の心がそのまま、僕等の言葉でありたいのだ。

総コメント数:2 投稿日時:2017-11-18 15:12:40

P.12 の気になるフレーズ

君と僕とは、あの「良人学校」(訳注 モリエール最初の傑作と称される喜劇。強情一点張りな兄と常識的な弟が中心となっている)に書かれている兄弟同様、同じ教育をうけたものの、それでいて……
アルセスト おい、おい、そんなつまらん比較はよしてもらおう。

総コメント数:1 投稿日時:2017-11-23 07:05:41

P.13 の気になるフレーズ

一切の人間がいやでたまらないんだから、みんなに賢いと思われたら、それこそこっちが、気まずい思いをするんだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-11-18 15:19:28

P.15 の気になるフレーズ

いやはや、時代の風習は風習だから、そんなに気を揉むまいじゃないか。そして人間の性質を、すこしは大目に見ることにしようじゃないか。厳格一点張りで見るのはよそうじゃないか。人の欠点を見るんでも、すこしは寛大な心で見ようじゃないか。

総コメント数:1 投稿日時:2017-11-18 15:24:46

P.17 の気になるフレーズ

不正不義な、自分の利益に汲々たる人間を見るのは、肉に飢えた熊鷹や、意地悪をする猿や、怒り狂った狼を見るのと、なんらえらぶことはないのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-11-18 15:30:42

P.17 の気になるフレーズ

僕は裏切られたって、ずたずたに切り裂かれたって、持ち物を横領されたって、僕はなんとしても……馬鹿言え!君の理屈ったら屁理屈ずくめだ。僕ぁ物言うのもいやだ。

総コメント数:4 投稿日時:2017-11-18 15:33:23

P.20 の気になるフレーズ

君はどうやら、人間というものに引導を渡してしまっている。人間というものが、憎んでも憎んでも、憎み足りない存在になっている。だのに、そういう人間のうちに、恋の相手を見出したなんて、じつに驚くべきことじゃないか。

総コメント数:2 投稿日時:2017-11-18 15:56:21

P.54 の気になるフレーズ

エリアント (フィラントに)面白いお話が始まりましたこと。御近所のお方の悪口がぴしぴしはじまるわけですわね。

総コメント数:3 投稿日時:2017-11-25 05:42:37

P.102 の気になるフレーズ

というのもつまり、どこがが似ているからといって、恋が成立つものでないっていう証拠ではありませんかしら。

総コメント数:1 投稿日時:2017-11-24 10:03:52

1 | 2  次へ >>