自宅で参加できる読書会
NO. 00005033 DATE 2019 02 18

ボヴァリー夫人 の読書会ページ

ボヴァリー夫人(9784102085011)

ボヴァリー夫人

著者:Flaubert,Gustave/著 生島遼一/翻訳 芳川泰久/翻訳 フローベール/著

出版社:新潮社 (1965-12)

ISBN-10:4102085017

ISBN-13:9784102085011

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.317の気になるフレーズ

シャルルは父親のことを考えていた。そしてこれまではあまり好きでもないとおもっていたこの人にたいしこんなに情愛を感じているのに驚くのであった。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-24 06:52:03

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

失ってから気づく

こういう愛情みたいなものは、失ってから気づくことが多いですね。
たぶん、これからも自分はこういう経験をしていきそうです。

投稿者:goodbook 投稿日時:2018-12-24 06:52:03