自宅で参加できる読書会
NO. 00005004 DATE 2019 02 17

ボヴァリー夫人 の読書会ページ

ボヴァリー夫人(9784102085011)

ボヴァリー夫人

著者:Flaubert,Gustave/著 生島遼一/翻訳 芳川泰久/翻訳 フローベール/著

出版社:新潮社 (1965-12)

ISBN-10:4102085017

ISBN-13:9784102085011

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.29の気になるフレーズ

板の隙間をもれて陽の光が細長い線を石だたみの上に弾き、なおその光が家具の角にあたってくだけ、天井にふるえていた。

総コメント数:2 投稿日時:2017-07-09 20:47:39

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

細密画のように

フローベルは目に映ったものを文章にするのにとても長けていると思いました。

投稿者:kukka55 投稿日時:2017-07-09 20:47:39

2

エマを引き立たせる

自分もこのあたりの表現、気になりました。
この後、『窓と暖炉のあいだにエマが縫いものをしていた。』
と続きますが、この『板の隙間を…』の表現が、
シャルルにとってエマの存在を荘厳なものにしている感じがしました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2018-12-05 05:58:30