自宅で参加できる読書会
NO. 00013656 DATE 2020 09 24

嵐が丘 の読書会ページ

嵐が丘(9784102097045)

楽天へのリンク

嵐が丘

著者:エミリー・ブロンテ

出版社:新潮社 (2003年06月28日頃)

ISBN-10:410209704X

ISBN-13:9784102097045

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.210の気になるフレーズ

“最も卑しいものに頬を打たれても、もう片方の頰を差し出す”(訳注 マタイ伝第五章)

総コメント数:1 投稿日時:2018-11-10 06:22:52

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

「頰を打たれたら、もう片方も差し出す」の意味

この言葉は以前から知っていましたが、
この文の「最も卑しいものに」のところに引っかかり、
ちょっと調べてみたら、すっきりしました。

この言葉自体は新約聖書の福音書の一つ「マタイ伝」に載っているようですが、
意味としては、
『頰を打った者に打たれた者がもう片方の頰も差し出すことによって、
打った者を後悔させ、悔い改めさせる』というものらしいです。

こうなると、「最も卑しいものに」とついた意味がわかりますね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2018-11-10 06:22:52